パラキャリ・サラリーマンのブログ

アラサーサラリーマン。本業と兼業でパラキャリな生活を送りながら、仕事・お金・生活・恋愛・ガジェット等色々書いていくブロクです。

早起きできない人必見!できない原因から早起きのコツを紹介!

f:id:zakkiworkdiary:20180922224903p:plain

私は今毎朝5時起きの早起き生活をしています。

しかし最初からできたわけではありませんでした。様々な試行錯誤を試した結果できるようになりました。

私の経験から朝早起きのコツをご紹介します。

早起きのできない人はまず、その原因から解決策をみつけましょう。

下記で朝起きのできない人の原因をご紹介し、それぞれの解決策をご紹介します。

朝起きができない原因

早起きのできない原因は大きく分けて3つあります。

原因1:睡眠時間が足りない

睡眠時間が足りないと、そもそも起きるのが難しいです。

必要な睡眠時間は人それぞれですが、最低でも5〜7時間ほど必要と言われています。

そもそも睡眠時間が足りてない人は、早起きの前に生活を見直す必要があります。

睡眠時間が足らない状態で朝早起きできたとしても、日中眠くなってしまい、本末転倒です。

原因2:睡眠の質が悪い

睡眠の質が悪いと、寝たとしても必要な休息がとれず、朝早起きするのが難しくなります。

睡眠の質は、大きく分けて寝る前の行動(飲酒やブルーライト)と、寝室の状態(寝具や環境)に影響されます。

早起きがなかなかできない人は、起きた時に注力しすぎている場合が多いです。

実は早起きは、寝る前の行動でほとんど決まります。むしろこちらの方が大切な場合もあります。

睡眠の質を妨げるような行動は、徹底的に排除するべきです。

原因3:朝の起き方が適切ではない

十分で質の高い睡眠をとっているのにもかかわらず、まだ朝起きれない原因は、朝の起き方が適切でない可能性があります。

逆に疲れるような起き方をしてしまっていたり、二度寝をしやすくするような起き方は良くはありません。

特に最後の原因は、体は適切な睡眠をとっているので「心の弱さ」と言われることがありますが、朝の心は誰でも弱いです。

下記にご紹介する朝の起き方のコツで、改善することができます。

早起きでるようになるコツ

早く寝る

原因1の睡眠時間が足りていなくて起きられない人の多くが、早く寝ることでカンタンに早起きできるようになります。

自分に合った睡眠時間を見つける為には試行錯誤しかありません。色々試してみて、自分が一番起きやすく、すぐに眠くならなかった時間を探しましょう。

ちなみに私の場合は、夜は11時に寝て朝5時に起きる、6時間睡眠が一番あっていました。

飲酒・食事・激しい運動・ブルーライト・仕事を寝る前から避ける

原因2の睡眠の質を上げるために私は、下記の事を寝る前にすることをやめた結果、朝起きた時のすっきり感が劇的に改善することができます。

  • 飲酒:飲酒は睡眠質を悪くします
  • 食事:寝る前に食べると消化に体力を使ってしまうので、最低でも4時間前には済ませておきます
  • 激しい運動:寝る前に行うと覚醒してしまうので、3時間前には済ませておく
  • ブルーライト:浴びた時とない時での朝の目のすっきり感は全然違います。寝る1時間前にはブルーライトを完全カットします
  • 仕事:寝る前にすると頭が興奮してしまう為、1時間前には済ませておきます

これらの「やらない事」を決めただけで、睡眠の質が大きく向上し、朝気持ちよく起きれます。

逆に寝る前には、お風呂に浸かってリラックスしたり、カンタンな読書、ストレッチなど入眠儀式を行い寝る準備を整えましょう。

朝、起きれるか起きれないかの大半は、この寝る前ですでに決まっています。

寝る前の時間にもっと注意を払いましょう。

朝早起きした時のコツを実行する

睡眠時間も良い質の睡眠がとれているのもにもかかわらず、朝起きられない場合は起き方のコツが必要です。

朝早起きのコツは、いかに寝ていた体を覚醒させるかが重要です。

私が実践している、オススメの早起きの為のコツをご紹介します。

スヌーズ(二度寝)は一番やってはいけない事

スヌーズ(二度寝)は絶対禁止です。

スヌーズ(二度寝)は魅力的ですが、最近の研究でスヌーズボタンを押して二度寝をすると、脳が混乱してしまい、実際一日すべての生産性を奪われる事がわかっています。

Why Hitting The Snooze Button Will Screw Up Your Entire Day | HuffPost

二度寝をして早起きすれば、せっかく起きたのに、体がだるくなってしまい、早起きが嫌いになる可能性がります。二度寝は、絶対にやめましょう。

目覚まし時計を遠くにセットしておく

有名な方法ですが、効果絶大です。

ちょっとうるさめの目覚まし時計を、別部屋や、洗面器前、キッチンなどに用意しておきます。

朝目覚まし時計が鳴ると、そこまで起きて止めに行かなければならないので、その歩くという行動だけでも目が覚めます。

私は下記のセイコーの大音量目覚まし時計を使用しています、超大音量です。これで起きない人は結構やばいです。遠くの部屋に置いても聞こえます。

家族に迷惑かけまいと、自然に鳴る前に起きれるようになる、という副作用もついてきます。

水を飲む

コップいっぱいの水を飲むことで、内臓が刺激され、体も心も起きることができます。

地味ですが、結構効果を実感できます。

一口ではなくて、コップ一杯です。量も重要です。

朝一発目のコップ一杯は結構刺激がります。

起きたら水を飲みましょう。

目薬をさす

個人的にお気に入りの早起きのコツです。

朝顔を洗うのも良いのですが、冬は寒かったりするので躊躇してしまいます。

朝起きた時にショボショボしている目に、爽快感のある目薬をさすことで目が覚めます。

私のオススメはこちらのZ!。とにかく爽快感重視で選んでいます。

用意しておいた着替えに着替える

寝る前に次の日に着る服を用意しておき、起きたらすぐに着替えてしまいましょう。

お気に入りの服や、会社員の場合スーツにもう着替えてしまうと、嫌でも布団には戻れなくなります。

また気持ちもスッキリするのでおすすめです。

まとめ

早起きの方法は色々ありますが、基本的にまず、適切な睡眠時間と良質な睡眠の質がとれていることが大前提です。

その上で、ご紹介したような早起きのテクニックを実施するべきです。

適切な睡眠時間と質がとれていない状態で、早起きをしても、失敗する率が高かったり、朝早く起きたとしても日中疲れてしまいます。

睡眠の質を確認するにはさまざま便利なアプリが出ているので、活用をおすすめします。

寝る前に早起き本を読むのもオススメ

寝る前に早起本きを読むとモチベーションアップし、早起きしやすくなります。

おすすめは下記の「早起きの技術」です。

各生活スタイルに合わせたそれぞれの早起きの時間割が、具体例で紹介されており、参考になります。