パラキャリ・サラリーマンのブログ

アラサーサラリーマン。本業と兼業でパラキャリな生活を送りながら、仕事・お金・生活・恋愛・ガジェット等色々書いていくブロクです。

副業のリスク|長時間労働?情報漏えい?人材流出?そんなの無かったです。むしろメリットばかり。

f:id:zakkiworkdiary:20180918223714p:plain

実際に副業を実行している私が考える副業の本当のリスクについてお話しましょう。

結論、企業からみたリスクと、個人からみたリスクを考えなければなりません。

企業からみたリスクは下記の通り色々言われていますが、個人から見た副業のリスクは正直ありません

個人にとって副業のリスクはありません、むしろメリットのほうがありすぎます。

企業から見た副業のリスク

株式会社リクルートキャリアが調査したこちらの、「副業のリスク」に関する意識調査。

f:id:zakkiworkdiary:20180918223904p:plain

兼業・副業を禁止している理由(複数回答)n=885(出典:株式会社リクルートキャリア「兼業・副業に対する企業の意識調査」)

これ全部、企業側の勝手な意見にしか見えません。大きく分けて、長時間労働、情報漏えい、人材流出の3つに分別されます。

企業が考える副業リスク1:長時間労働

そもそも普通に勤務していても長時間労働させている会社たくさんあります。何をいまさら感です。

むしろ副業を趣味でやっている人なら、それは労働時間ではなく、趣味の時間です。

個人のプライベートの時間まで使って働かせようとしている企業が、その時間を使えなくなりそうだから副業ダメ!としか聞こえないです。

もちろんサラリーマンでいる限りきちんと契約書に書かれた労務時間はまっとうします。それ以外でケチをつけられる事自体、お門違いです。

長時間労働を助長しているのは企業ですから!副業ではありません!

企業が考える副業リスク2:情報漏えい

副業しなくとも情報漏えいはおきます。事実めちゃくちゃ起きています。

言い訳にしか聞こえません。

情報漏えいに気をつけたいのであれば、一番おきやすいと言われている、飲み会を禁止することや、不審なZIPメールを開かない、CCに不要な人を入れないという基本的な研修に力とお金をかけるべきではないでしょうか?

副業どうのこうの言う前に、もっと改善すべきところはいっぱいあります。

企業が考える副業リスク3:人材流出

今副業が当たり前になっている時代に、未だに副業禁止ですと言っている企業に良い人材はとどまりませんし、応募もしてきません。

副業そうカンタンなものではないです。マーケティングや営業、ITスキルなど様々なことを学び、新しいスキルや人脈も開発していきます。

下記の記事で私が出会った副業している人たちを紹介しています。みなささんスキル高い人ばかりです。

関連記事

副業をすることで始まる新しいビジネスを創造できる可能性もあります。

人材流出のリスクはまるで真逆で、正確には副業をやらないことでの人材流出リスクの方が高いです。

※ロボットのようにただ支持を聞いて、単調な作業だけをしてもらいたい人材がほしいという企業には別の話かも知れません。

個人にとって副業のリスクはない

さて個人にとっての副業のリスクは何でしょうか?私は経験上、副業のリスクは「ない」と考えています。

よく、時間がなくなる身バレして本業に迷惑がかかる、なんてのを聞きますが、私は反対です。一つ一つご説明していきます。

よく誤解される副業のリスク1:時間がなくなる

確かに、本業の他に作業をするので時間の使い方は変わります。

しかし、副業をする前の時間は何をしたでしょうか?

テレビを見ていた?SNSを見ていた?酒を飲んでいた?

そのような時間を副業に置き換えたところで時間がなくなった事になるのでしょうか?

その副業で新しいスキル経験を付けて出世し、収入も増え、美味しいごはん、お酒を楽しめるようになったほうが時間の使い方としては、圧倒的に有効的だと思います。

また、副業があることでダラダラと意味のない残業や愚痴飲み会をなくし、より生産的な時間を過ごせます。

時々、「そこまで働いて奥さん家事大変でしょう」と言われる方もいらっしゃいますが、副業で得た収入で、外食もお金を気にせずでき、洗濯機も乾燥機付きに買い替え、掃除機も良いものを買い、食器洗浄機も購入し、時々家事のヘルパーさんを頼む事で、圧倒的に家事の負担はなくなったと思います。

そして私も、自宅から仕事ができるようになり、妻と一緒に過ごせる時間も増えました。海外旅行の数も増えました。

本人曰く特に不満はないようで、むしろ副業をしている今の生活のほうが、毎日残業して帰ってきていたサラリーマン一筋の頃より良いそうです。

時間がなくなるは、なんの時間がなくなって、逆になんの時間が得れるのか良く考えてみましょう。

よく誤解される副業のリスク2:身バレして本業に迷惑がかかる

身バレ上等です。というか、そんなにその企業の心配をしてるんですか?ただの企業という材料のひとつなのに。

これからはパーソナルブランディングの時代。会社の名前だけのキャリアなんてなんの意味もありません。

大企業でブイブイ言わせていたおじさんが、定年退職後ただの抜け殻のようになってしまうのを最近良く見ます。

自分の名前だけで仕事や価値を出せた人たちが生き残っていく時代に、身バレすることを恐れていては、副業はやっていられません。

むしろ自分の名前や職歴を全面にアピールして、パーソナルブランディングを強めていくべきです。

副業にはメリットしかない

副業にはメリットしかないと私は考えております。

企業がなんと言おうと、あなたは企業ではありません。自分の人生は自分のモノです。

副業のリスクがどうのこうのと躊躇している人たちは、どんどん取り残されて、気づいた時は企業にすがりながら生活していく事になっているでしょう。

それはそれでいいという人は別ですが、少なくとも私は企業のスネをかじって、毎月お小遣いをもらいながらの一生は、未だ実家住まいの自立できてない子供のような気がしてなりません。

最終的には企業は収入の一部として、企業に頼らない生活を手に入れるように毎日かんばっています。

副業関連記事