パラキャリ・サラリーマンのブログ

アラサーサラリーマン。本業と兼業でパラキャリな生活を送りながら、仕事・お金・生活・恋愛・ガジェット等色々書いていくブロクです。

【レビュー】バンヤンツリー・ランコー:シャトルバス予約から宿泊、レストラン、周辺施設など

スポンサーリンク

f:id:zakkiworkdiary:20180902215304p:plain

2018年8月に夫婦でベトナムのダナン、バンヤンツリー・ランコー(Banyan Tree Lang Co)へ行ってきました!

そこまでの行き方や滞在、レストラン、周辺施設などを写真付きでレビューします。

こんな方に読んでほしい
  • とにかくリラックスできて大人なリゾートを探している人
  • ダナンで良いホテルリゾートを探している人
  • バンヤンツリー・ランコーが選択しにある人
  • すでに予約をして現地への行き方など詳しく知りたい人

因みに予約はHotels.comで行いました。10泊泊まると1泊タダになるので転勤族の私には必須予約サイトです!

シャトルバスは出発前に予約することをおすすめ

バンヤンツリー・ランコーですが、最寄りのダナン国際空港から結構距離あります。

車で1時間ほどの距離です。

タクシーを捕まえるのもいいですが、高く付く可能性があるし、山道なのでSUVなどの良い車を調達することを強くおすすめします。

私の妻は車に酔いやすいので必ず長距離はSUVを選択必須でした。

シャトルバス予約方法

シャトルバスは出発前にホテルへメールで予約します。

メール送信宛はHPにも載っていたこちらのメアドへ:

Reservations-Langco@banyantree.com

内容はこんな感じで簡単に書いてみました。

Subject: Request for airport pick up (到着日 Aug 2018)


Hello there,

I would like to request for the airport pick to the hotel. Can you make the reservation and confirm with detail information below?

I have a reservation for 滞在日 Aug through hotels.com with the name of 名前

[Airport pickup]

Date: 到着日

Name: 名前

Airport: Da Nang International Airport (DAD) Terminal 2

Arrival time: 到着時間 (local time)

Airline: 到着便番号

From: Tokyo Narina

Please let me know if you have any question.

You can also find me on phone (+81 電話番号)

Best, 名前

  • タイトルは到着日と内容を
  • 本文には自分たちが滞在する人、名前、予約に使ったサイト名(hotels.com)を明記
  • [Airport pick]以降は念の為、必要であろう情報を整理しました。
  • 最後に自分のコンタクト情報と名前を添える

するとこんな感じのメールが帰ってきました。

For your information, our airport transfer is offered with two options as below:

OPTION 1: Private Airport Transfer

  1. Private SUV for maximum 4 passengers is available at USD 48net per way or USD 75net per one round trip

  2. Private Mercedes E200 for maximum 3 passengers is available at USD 92net per way or USD 162net per one round trip

OPTION 2: Airport Shuttle

Please be advised that the shuttle only running upon receiving the flight details 24 hours prior to arrival date. For any transfer request made within 24 hours prior to arrival, please directly contact to our Concierge team via email: LTT-Reception@banyantree.com or via phone: +84 2343 695 800

The airport shuttle is free and it is a sharing vehicle between the two hotels for Angsana and Banyan Tree guests.

Depart from Danang/ Hue airport to Hotel: 01:00am, 02:30am, 07:30am, 09:30am, 11:30am, 13:30, 15:30, 17:30, 19:30, 21:30, 23:30.

Depart from Laguna Lang Co to Danang/ Hue airport: 05:00am, 07:00am, 09:00am, 11:00am, 12:30; 13:30, 15:30, 18:00, 20:00

つまり、シャトルバスはオプション1(プライベートシャトル)とオプション2(シャトルバス他の人も一緒)があるとのことです。

バスは無料らしいですが。自分たちの飛行機到着時間にちょうど良いものがなく、今回はオプション1の1(SUV)を大体48米ドル(往復75米ドル)で予約することにしました。

因みにオプション1の2はメルセデス・ベンツE200で92米ドル(往復162米ドル)って、そこまで高級車はいらんでしょう。むしろSUVのほうが乗り心地良さそう。

空港到着からホテルへ

f:id:zakkiworkdiary:20180902222902j:plain

空港の税関を通るとすぐに外のなので、ホテルの車は比較的簡単に見つかります。

そしてここが最後のコンビニチャンスになります!!

車に乗ってしまうと、ホテルまで直行で、ホテルの周りにはコンビニらしきものはそう簡単にないのでお菓子とか、水とか良心的な価格で買っておきたい人はここで揃えておくことをおすすめします!!この後はずっとホテル価格・・・

道のりはひたすら山道です。。。

ホテル到着!フロントから客室のご紹介!

そしてホテルに到着!!

飛行機の疲れなんか吹っ飛ぶほど最高の眺めと客室です!!

チェックインは客室(ビラ)まで係の人が一緒に来てくれ行ってくれます。

私達夫婦は英語でしたが、日本語の係の方もいるらしく日本語でも可能のようです。

ここから写真でどんどん紹介していきます。

f:id:zakkiworkdiary:20180902223913j:plain 客室についているプール越しの眺め

f:id:zakkiworkdiary:20180902223959j:plain バルコニーで昼寝する妻笑

f:id:zakkiworkdiary:20180902224045j:plain リビングと寝室をつなぐ廊下。一面全部窓です。しかも開けられます。

f:id:zakkiworkdiary:20180902224141j:plain プールと寝室・バスルームはつながってます

f:id:zakkiworkdiary:20180902224223j:plain バスルーム

午後6時から7時はカクテルパーティーで無料でお酒が飲める

午後6時から7時はカクテルパーティーをやっており、フロントの隣のバルコニーみたいなところで無料でジュースやお酒が飲み放題です。

個人的には地球でこの夕暮れ時が一番好きな時間。。。最高でした。

f:id:zakkiworkdiary:20180902224301j:plain カクテルパーティー中のバルコニーからの景色

f:id:zakkiworkdiary:20180902224513j:plain もちろんビーチにも出れます。

他の客層は大人のカップルや家族のみ

ここで重要な他のお客さんですが、ガラガラというわけでもなく、かといって騒がしいわけでもない最高のバランスでした。

皆さん大人なカップルや家族で、騒がしい人もが皆無で、お互い礼をわきまえている感じ。

日本人も数組いましたが、そもそも敷地が広いのであまり他の人達とは会わないです。

レストランはホテル価格、雰囲気最高

バンヤンツリー・ランコーには主な2つのレストランがあります。

The Water Court(ザ・ウォーター・コート)

f:id:zakkiworkdiary:20180902225214j:plain

朝食のビッフェが行われるレストランでもあるThe Water Court。

グランドフロアにあるので、室内と簡単なテレス席があります。

朝食のブッフェは一日では決して食べ切れないほどのバライティー!しかもシャンパンまで朝から無料で飲み放題です笑

個人的には色々な種類があった生搾り野菜・フルーツドリンクがおすすめでした。

Saffron (サフロン)

f:id:zakkiworkdiary:20180902225706j:plain

バンヤンツリーのシグネチャー・レストランでタイ料理です。

しかしタイ料理とはいってもかなりコンテンポラリーで、様々な創作料理が食べられます。

一番のウリは崖の上から見える景色

なのでディナーの予約はなるべく早くして、夕暮れ時を楽しみましょう。遅く行くと景色は真っ暗になってしまいます。

f:id:zakkiworkdiary:20180902225823j:plain ただ室内も暗めで雰囲気がある感じです

海・プールで遊びたくなったら隣のアンサナにお邪魔

海やプールではしゃぎたい!という方には隣にある姉妹リゾート・アンサナ・ランコーがおすすめです。

バンヤンツリーに滞在している人は自由にアンサナに出入りできるので、アンサナが誇る「ベトナム1大きいプール」を楽しむのもいいでしょう。(長さがあるだけ)

こちらは家族も多く活気があるプールです。

f:id:zakkiworkdiary:20180902230211j:plain アンサナとつながっているビーチ

f:id:zakkiworkdiary:20180902230220j:plain プール:活気があるとは行っても全然リラックスできます。プールバーで飲めるモヒートおすすめ

ホテルですべてが完結する

正直周りは山ばかりでホテルの周りには何もありません。コンビニさえ一軒もありません!

しかしホテルですべてが簡潔してしまうほど素敵なリゾートでした。

ビラも広く全く飽きることがなく、ルームサービスも24時間充実しているの、何か食べ物にこまることはありません

ただし基本的にすべてホテル価格なので、大量に飲み食いする方はホテル到着前に買い揃えていたほうが良いかと思います。

f:id:zakkiworkdiary:20180902230656j:plain 夕方にはアフタヌーンティーサービスがあり、客室までお茶セットを持ってきてくれます。もちろん全部無料。

f:id:zakkiworkdiary:20180902230749j:plain 日の出の目覚めるという最高の体験

とにかく、今までのリゾートホテルの中でもまた行きたくなること必須の最高のホテルでした!

ホテル予約はHotels.comがおすすめ

ホテル予約は10泊泊まると1泊タダになるHotels.comでの予約がおすすめです!

特に年に一回でも国内外問わず旅行に行く人や、出張行く人には必須な予約サービスだと思います。

私は会社の出張をHotels.comで予約し無料宿泊を貯め、妻とのプライベートな海外旅行のホテル代をほぼタダ同然で予約してます!

会員になると見えるシークレットプライというセール機能もおすすめ!