なんでも雑記ワークダイアリー

20代後半サラリーマン。パラレルキャリな生活を送りながら、お仕事系・なんでも雑記系のオピニオン記事中心です。

サラリーマンが週末に副業をしてよかった事と良くなかった事

スポンサーリンク

f:id:zakkiworkdiary:20170418001203j:plain

私自身現在サラリーマンをしながら、副業として週末に様々な企業へスポットコンサル的をやらせていただいてます。

実際にどんなことをやっているかは過去の記事にまとめした。

www.zakkiworkdiary.com

そんな副業を続けて、かれこれ2年ほど立ちました。

今世間では副業関連のニュースが騒がれてますが、メリットやデメリットなど色々討論されています。

しかし、あまり実際にやっている人の実体験は聞いたこと無かったので、今回私の体験をまとめてみました。

週末に副業をやってよかった事

まずはメリットから、正直まだ続けているのでメリットの方が多いのですが、改めて振り返ってみました。


収入のUP

まずは一番代表的なものですが、お金です。

コレは一番の目的ではないものの、やはりもらえるのはうれしいです。メリットじゃないといえは嘘になります。

今では本業の年収ほどの収入を副業から得られるようになりまして、正直かなり生活に余裕が出ます、

また、そうして得た利益を更なる投資などに回して、好循環が確立でき、非正規ではありますがお手伝いさんなども雇うことが出来て今の副業のスケールもしてきました。

時間は週末だけやっているのに、収入は週5日でやっている本業に近い状態ですが、本業の給与は年次ごとに決まっている中で、副業は青天井のような気がしてきました。

将来的にはこちらにシフトしていきたいですね。


自身のスキルや経験アップ

副業をやっていると、本業では出会えない課題や問題に出くわすことが多々あります。

それがビジネス的なことでも、技術的な事でも、受注した業務である以上しっかりとやり遂げなくてはならないので、とにかく大量のインプットとアウトプットをすることになります。

結果的にそれが新しい学びや経験になりました。

もちろん本業をやっていても学びはあるのですが、今までにない外の環境は様々な経験を出来るので、同じ1日でも今は副業の方が学びが多いです。


自分の価値/市場が求めている事がわかる

副業は本業の会社の名前を背負うわけではないので、完全に個人実力主義です。

正直いくら今の本業の会社で仕事が出来ても、もしかしたら社外では全く使い物にならない人材になっている可能性があります。

副業をすることでそういった自分の価値を客観的に見ることが出来ます。

単純に、自分に価値がなければどこからも受注できないわけで、いただく料金はイコール自分の実力です。

今後、終身雇用が制度が終わり、個人の能力がものをいう時代を前に、副業で確認しておくのはオススメです。


新しい人脈を広げる事が出来る

これもスキルや経験と一緒ですが、副業では様々な面白い出会いをすることが出来ました。

自分と同じように企業に勤めながら週末に副業をされている方や、会社の社長さん達、これから起業を目指す人、そして副業先で働いている人など。

自分の人生を変えるような人にも実はこの副業を通じて会うことが出来ました。

単純に今の同僚や取引先が何倍にもなるので、人脈は嫌でも広がります。


 失業の不安が少なくなる

副業で収益を安定的に出せてきたのと、自分の価値を客観的に見ることができて、今の本業の会社から失業する不安はほぼなくなりました。

かりにも明日、今の会社が大惨事を起こして倒産したとしても、特に収入に困らず、なんとか生きていける自信はつきました。

そういった意味でも、私の家族へリスクも下げられる事が出来ました。

副業を続けていると、逆に一つの企業へ自分の人生を預けているような状態が、異常のように思えてしまう時があります。


週末に副業をすることのデメリット

さてこっからはデメリットです。なんだかんだでメリットが多いので、続けてる副業ですが、もちろんいろんな苦悩や、デメリットもありました。


家族/余暇の時間がなくなる

週末や平日の時間を使って副業を行うので、やはり今まで余暇としていた時間がなくなります。

自分は現在平日夜は週3、週末は土日のどちらか、というルールを決めてやっているのですが、やはりちょっとした家族とのお出かけや、夜のご飯など副業する前に比べて少なくなりました。

リモートでほとんどお仕事させていただいているとはいえ、最初は打ち合わせなども必要ですし、営業活動もやはり面と向かってのほうが効率的です。

しかし、不思議な事に、こういった時間を使い方をすると、生活にメリハリが生まれ、以前のように意味のない飲み会に行ったり、週末を無駄ゴロゴロしたりして過ごす時間はなくなりました。

家族との行事も、限られているからこそ、前もってスケジュール管理したり、朝早くから出かけたり、効率的になったのも事実です。

一応妻も理解してくれ、特に問題なくやっております。


緊急トラブルは起こるし、対処も必要

個人でやっている以上、会社のように「仕事は平日9時-18時」という概念はなくなりました。

休日であろうとも、余暇中であろうとも、やはり個人事業主の責任者である私が対処が必要な事が多くあります。

急にお手伝いさんと連絡が取れなくなってしまったり、納品したシステムが動かなくなってしまったりなど・・・

常にコミュニケーション手段であるスマホ2台は手放せない生活になりました。

将来的にはこういったところもアウトソースできればと思っています。


正直体力的にも疲れる事ある

綺麗事はいいません。確かにメリットが多くオススメで好きな事をやらせていただいてるのですが、やはり人間です。

単純に頭をつかう時間多くなったので、疲れます。トラブルがあった時など特にですね。

管理するタスクも倍以上に増えましたし、PCを眺める時間も増えてちょっと目が悪くなったような気がします。

因みにタスク管理は色々試行錯誤した結果Trelloというサービスに落ち着きました。

Trelloを使った、GTD手法をちょっと改良した自前タスク管理法で、基本的なやることは本業・副業・プライベート全部突っ込んで処理していきます。

おすすめです。

trello.com


周りから誤解される

地味に気になっているのがこちら。

「副業をやっている」という、どうやら世間の目は、空いた時間にFXやせどり、変なマルチや、「スマホで1日1時間で月100万!」みたいな怪しいビジネスなどをやっているイメージがあるらしく、「そんな時間あったら本業がんばれよ」とか「せこいことやって人生何が楽しいの?」、単に「怪しい・詐欺に手を出してる」という人が一定数います。

私自身、本業に手を抜いた覚えは一切ありませんし、むしろ本業で色々なことを学べ前より仕事が出来るようになりました。

そして、100%お金の為にやっているわけではなく、自分の為、将来のため、好きな事をやっているので、全然楽しいです。将来的にはもっと事業を大きくして、自分の業務の不可を減らそうとも思っています。

そうしたら好きな事を好きなだけ出来る事も出来るかと。。。

ただそういった人には何度説明しても理解はしていただけない事はわかったので、ここはもうそ、うゆうもんだと思っています。


まだ起きてないが、労災や重大毀損、風評被害の時どうなるか心配

最近これが結構気になり出しました。

個人で働くと責任も個人です。もちろん受注する際はNDAを結んだり、損害補償関係の契約を結んだり、ウィルス対策や情報管理はきちんとやっているのですが、もしもの場合・・・は確かに心配です。

副業中に交通事故にあったらどうなるんだろうや、もしクライントに迷惑をかけたら訴訟はされるか?そしてそんな時本業の会社への風評被害の影響は?などなどいただくお仕事が大きく多くなっていくごとに心配がでてきました。

今後仕組みが整っていく中でコレを解決するなにかいい方法が出ることを願っていくとともに、自分達ももしもの場合を考えなくてはなりませんね。


最後に

総合的には、週末副業をやることにデメリットはあるものの、私にとってはメリットのほうが圧倒的に多く続けています。

今後副業がどんどん促進されていく上で、副業を始める方は増えていくでしょう。そして同じようなメリットやデメリットを感じる事があると思います。

個人的には是非ともそういった方々と繋がってみたいです。笑

ブログも半分そういった出会いの為にやっているので。

デメリットには書きませんでしが、副業は意外に孤独です。いろんな悩みや相談が出来る仲間がほしいです。

副業やっている同士結構同じような悩みあります。例えば値段設定どうするかや、夜遅くまで/週末開いてるオフィスや会議室を探すなど・・・

もし、コレを読んでる方も副業をやられている方(もちろん副業を考えてる方でも!)だったらお気軽にご一報頂けるとうれしいです!是非体験談などシェアしてみませんか?笑

お気軽にご連絡ください。

お問合わせフォーム

それでは、長々とありがとうございました。