なんでも雑記ワークダイアリー

20代後半サラリーマン。パラレルキャリな生活を送りながら、お仕事系・なんでも雑記系のオピニオン記事中心です。

会社でリモートワークが始まったので、やってみた感想:メリット・デメリット

スポンサーリンク

最近やっと勤務先の会社でリモートワークが導入されました。

私の場合は週2日がリモートワーク日として選定され、週5日内2日間は会社外での勤務が出来るようになりました。

ただしかなり機密な情報を扱っているので、自宅外での勤務は認められず、リモートワークと言ってもほぼ在宅勤務です。

そんな在宅リモートワークがスタートして数ヶ月立ったので、自分が感じた事をメリット・デメリットに分けてまとめています。

メリット

通勤時間の大幅な短縮

コレが一番先に浮かんだメリットです。そしておそらく一番メリットを感じました。

リモートが始まる前でも、私の場合通勤時間は片道ドア・ツー・ドアで40分ほどでしたが、たった40分ですが、出かける支度をして、机に座って、心を整えて、、、などをしていると1時間以上も「OFF」から「ON」につけ変わる時間がかかっているような気がしました。

これが自宅リモート勤務になると、朝ご飯を食べて、移動して机に座ってPC付けたら即「ON」モードです!本当の意味での勤務時間は限りなく0に近くなりました。

そして今までかけてきた通勤時間がどれだけバカバカしいということを実感することも出来ました。

今後多くの人がリモートをはじめ、通勤時間が少なく慣れば日本の生産性は間違いなく上がるのではないでしょうか?

正直この通勤時間の短縮(消滅)の効果は本当に大きいです。感覚的には1日が1.5倍になったぐらい。片道通勤40分の私がこんなかんじなので、もっとかけている人は信じられないほど1日が伸びているようにかんじられるでしょう。

下にも色々なメリットやデメリット(むしろ個数は多い)を書きましたが、この通勤時間の消滅のメリットが大きすぎて、現状どんなデメリットも受け止められます。

集中出来る

自宅なので、好きな音楽をかけながら、淹れたてのコーヒー何かを飲みながら仕事をするので、誰にも話しかけられることな集中できます。

ちょっと本当に集中したければ、メーラーを閉じて、スマホを通知OFFなどにしておけばもう邪魔するものはありません。

今まで会社では特に気にはならなかったですが、ここまで誰にも邪魔されないと効率よく作業出来るのか実感しました。

また、人の目気にしなくいきなり立ったり、独り言を言ってみたり、ストレッチをしてみたりも出来るので、仕事心地は大変よく、生産性もあがりました。

人への相談もそこまで問題にならない

リモート前は同僚や上司とのコミュニケーションが難しくなることが懸念されていましたが、実際やってみるとそんなことはありません。

メンバーでSlackを使っているので気軽に相談できますし、ステータスで今机の前にいるかいないかもある程度わかります。緊急の場合も電話すれもすむことでし、そもそも面と向かって話すことなど今考えてみればあまりなかったかなと。

デメリット

怠ける

逆に周りに見ている人がいないので自制心をきちんと持っておかないと怠けます。

無駄に家事をやってしまったり、こったお昼ごはんを作ってみたりと、スケジュールをきちんと決めてリモートに望まないとたいてい仕事以外の事をしてしまっている場合があります。

私の場合は、リモートの日にやることを予め決めておいて、お昼ごはんも決めておいて、望んでいます。

会議には置いてけぼり

個別での相談や、一対一の会話でしたら問題ないですが、会議で相手が自分以外が全員社内の会議室にいて、自分だけが電話(OrTV)参加の場合はまだコミュニケーションの差を感じます。

議論にちょっと置いてけぼりになったり、ちょっとした発言機会をつかむのが難しかったり、、、

どんなにIT技術で便利になったとしても、未だに会議(特に議論系)にはリモート参加はまだ障害が多すぎました。

基本的にはリモートの日にはそういいた会議はいれないようにしています。

新人かわいそう

個人的なことではないですが、先輩などにべったりついて色々教えてもらいながら仕事している新人にはリモート制度はちょっとかわいそうな気がします。

特に新卒のようなまだ右も左もわからない人の先輩がリモートだったり、自分自身がリモートとしても何をやればいいかまだはっきりしない事もあるでしょう。

一人、面倒役として自分が教育係のうような事をやっている子がいるのですが、リモートの日はあまりフォローに回れません。

モニターが小さい、椅子が堅い

地味に大きなデメリットです。笑

金銭的な解決は出来るのですが、自宅を共にしている妻のOKはでません。笑

会社からリモートの為のノートパソコンが配布されたのですが、何分モニターが小さい!

今まで25インチで仕事していた身としては、ノートパソコンのディスプレイサイズはちょっと厳しいです。そして椅子も特に仕事用に買ったものではないので、腕掛けがなかったりと、最近地味に気になりだしました。

結論:リモート最高

以上色々メリットとデメリットを並べましたが、結論はリモート最高です!

モニター小さいとか、だらけるとか、会議難しいとかデメリットがありますが、それらは通勤時間が0になることに比べれば些細なものでした。

本当に、自宅で働くことは、実際の時間以上の感覚的時間を得られることが出来ました。

満員電車もない、雨の日も外でなくていい、むしろパジャマのままでも、すぐ仕事に取り込めます。

そしてほんとに通勤時間は人生の無駄だなと実感出来ます。

巷ではリモート勤務について色々賛否両論ありますが、私が実体験上大賛成です。私達は子供がいませんが、ちいさなお子さんがいる家庭でも相性がいいのではないでしょうか?