BIアナリストの雑記ワークダイアリー

20代後半。平日はサラリーマンとして働きながら、週末にビジネス・アナリストとして副業活動してます。お仕事ネタ系、自己啓発系中心ネタを発信しています。

競合分析ツールで株価予測は可能か?

スポンサーリンク

主に競合やライバル会社のウェブサイトやアプリの分析をする際に、様々な競合分析ツールを会社でも個人でも使っている人は多いかと思います。

そんなツールを使って気になっている会社の株価を予測出来ないかと、ふと妄想してみました。

主な競合分析ツール

SimilarWeb

競合のウェブサイトのアクセス数や流入元などを調べるにはイスラエルの会社が提供している、SimilarWebが有名でしょうか。

www.similar-web.jp

無料版では数カ月のざっくりとした月次PV推移などしかわかりませんが、有料版ならデバイスごとのアクセス数が日単位などでわかったりします。

有料版のお値段は○○万円ともともいわれており、公開はされていない。APIも叩けるので、特定のURLへアクセス数など判別出来ます。

データの習得方法はかなりグレーで、公式サイトににはパネル調査や、クローラーを走らせたりしているらしいですが、噂によるとChromeのアドインにSimilarWebをいれたら自動的にトラフィックデータが送られるという・・・

SimilarWebデータ取得方法: https://www.similarweb.com/downloads/our-data-methodology.pdf

しかし正直そのデータ量では主要ライバルから飛び抜けてるかと思います。

AppAnnie

アプリの競合分析で主要なのはAppAnnieですかね。

https://www.appannie.com/jp/

こちらはアプリのダウンロード数や、MAU/DAUの推移、アプリのランキングなどを調べることが出来ます。

iOS、Android少々データの習得に差はありますがどちらも習得が出来ます。

こちらも無料版では機能は限られており、直近のアプリのランキング程度しかみることが出来ません。

f:id:zakkiworkdiary:20170619230849p:plain

しかしこちらも価格非公開の有料版を購入すると、ストアごとの国ごとのダウンロード数や、収益、インストール率ぐらいまで見れてしまいます。

競合他社のアプリの売れ行きや浸透率をウォッチするには適したツールかと。


他社の業績を知るのに使えるか

さて、ここからが本題ですが、こういった競合他社分析ツールは正直クロールデータや、推計などを行っているので正確さには欠けます。しかしある程度のトレンドを掴むのにはかなり有益なツールでしょう。

そうすると特定の会社のWebサイトへのアクセス数や、アプリのダウンロード数のトレンドが大体見えてきます。

特に、Webサイトへのアクセスに依存したEコマースや、ポータルサイト、または、アプリのダウンロード数が収益に直結するアプリ会社の業績はある程度わかってくるのではないでしょうか?

例えばベタな例ですが、「パズドラ」で有名なガンホーの株価は2013年初旬に爆発しています。

f:id:zakkiworkdiary:20170619232928p:plain

ことの発端は、13年2月の12年12月連結決算発表で売上・利益共に市場を大きく上回ることだったが、AppAnnieで同アプリのダウンロードランキングを観ると12年10月頃から、総アプリ順位でべったり1位を独占。

バージョンアップも月に何回も繰り替えられており、かなりの勢いが感じらてました。もし、この急激にダウンロードされているアプリに決算前によく調べておけばある程度株価の高騰は見れたかも知れないです。

例は極端でしたが、このようなアプリを収益の主とする会社の株価であったりIPOであったり、アプリでなくとも特定のポータルサイト運営会社や、ECサイトなどはアクセス数などを調査することによってある程度収益のトレンドが見えるのではないかと思いました。

ガンホーだけでなく、過去のミクシィの「モンスト」など、アプリ・ゲーム関連銘柄はアプリのダウンロード数が株価に大きく影響するのではないでしょうか。

ベンチャーキャピタルや投資家使っている?

そういえは知り合いの投資家もこのようなツールを使って、出資先選定の参考としているという話を聞いたこともあります。

IT企業の決算説明資料などにもアプリダウンロード数やアクセスユーザー数などをKPIとしている企業もあります。

そんな中でこういったツールは、他社や内部の人しか知らない情報をある程度予測できる便利なツールなのかも知れません。

そしてその有効活用手段は無限大で、競合企業調査だけでなく、需要予測やトレンド転換見極めなど色々なところに使えそうです。