なんでも雑記ワークダイアリー

20代後半サラリーマン。パラレルキャリな生活を送りながら、お仕事系・なんでも雑記系のオピニオン記事中心です。

【価格関係なし!】メンズスーツをカッコよく着こなすポイント3つ

スポンサーリンク

f:id:zakkiworkdiary:20170125205604p:plain

男性は社会人になったらスーツを着る方が多いのでは無いでしょうか?

私も現在の職場は私服で大丈夫ですが、新卒で入社した外資コンサルではスーツにネクタイは必着でした。

今はどうかわかりませんが、あの頃は、 社風的にもスーツには厳しく、入社マニュアルにも着こなし方、ルールが設定されてあり、クールビズなんて問答無用でNGでした。

ガシガシ稼いでいる先輩社員はブランドスーツなど着ていましたが、私は新卒で、スーツブランドの知識もなく色々苦労したのを覚えています。

そんな、お金もブランドも知らない私の経験から、ブランド物のスーツでなくてもカッコよく着こなせる着こなしのポイントを3つご紹介します。

ポイント1:サイズ

スーツは「サイズ」が全てです。とにかく「サイズ」です。

「サイズ」があってないと、いくら何十万もするブランドものを着ていてもめちゃくちゃカッコ悪いです。

ブランドは問いませんが、よくある既製品を買うのはなるべく控えましょう。

既製品のサイズにピッタリあっている体型なら問題無いのですが、人間は足の長さも、手も、顔の大きさも、股下も、肩幅も、ヒップも千差万別です。

既製品のスーツではそれらを補うことは至難の技です。


ではそうすればいいか?

既製品ではなくて、オーダーメイドのスーツにするべきです。

オーダーメイドであれば、テーラーの方が自分の背格好を細部まで測量してくれて、自分の体型にピッタリとしたスーツを発注出来ます。

オーダーメイドを聞くと、高額な印象がありますが、そこまでブランドにこだわらなければ、既製品のスーツとそこまで金額は変わらないです。

既製品のスーツをあれこれ買ってかっこ悪く見られるよりも、オーダーメイドのスーツを作ってしまいましょう。一回作ってしまえば自分に本当に似合うスーツの寸法もわかるので、ワイシャツなど選ぶ時もだいぶ楽になります。


お手頃なセミオーダー

とは言っても、フルオーダースーツはやはり高いです。そこで私のオススメはセミオーダースーツです。

私はマルイのビルサノで半オーダーメイド的なスーツを購入し、今での新しいスーツはそちらで作っていただいております。(※フルオーダーではなくて、セミオーダー的?で、大量の型から自分にあったスーツの組み合わせが出来ます。それで私は十分だと思っています。

f:id:zakkiworkdiary:20170125211734p:plain

(参考:visaruno オーダースーツ・シャツ|マルイ

金額も4万円ちょっとですんでしまい、またマルイなら時期によっては大変お得なセールも頻繁にやっているので、セール時期にオーダーすれば3万円台で作れてしまいます。

あまり既製品のスーツ変わりない金額です。

スーツのサイズは本当に大事です。無地でなんとも無いスーツでもサイズさえあっていれば、普通にカッコよく着こなせます。


ポイント2:清潔感

身も蓋もないですが、スーツを着こなす上で清潔感も大切です。

清潔感とは、汚れもそうですが、シワやシミ、型崩れなども含みます。

ズボンもセンタープレスライン(あの縦の折り目)もちゃんと定期的にアイロンを掛けましょう。

時々、シワクチャで、袖もスレてるようなスーツを着ているひとがいますが、かっこ悪すぎます。

というかそんなスーツでお客さんにお会いするなど、失礼でもあると思います。

また、よくスーツの外のポケットにスマホとか入れている人もいますが、あれもスーツの型崩れを招き、せっかくのスーツがジレみたいになってしまいます。

スーツは型崩れを防止するためにも、ポケットには重いものは入れず、脱ぐ時は必ずハンガーなどにかけて起きましょう。

そして定期に的にブラシを掛けたり、クリーニングに出しましょう。

クリーニング代がかかるように見えますが、実はそちらのほうがスーツの持ちがよく、長く着られるので、結果的に安くすみます。


ポイント3:中身

最後に、どんなに体にフィットして、シワひとつ無い清潔感があるスーツを着ていても、その着る人の中身の姿勢が悪かったり、ひょろひょろだったり、お腹が出ていたりすると、全てが台無しです。

できれば筋トレなどし、お腹を引っ込め、ひょろひょろの方はいっぱい食べて胸板や肩幅を厚くしましょう。

また意外に忘れがちなのが、お尻。

スーツはお尻の形が結構はっきり出てしまいます。ボテッとしたお尻よりは、スクワットなどで鍛えたプリッとしたお尻の方がスーツは圧倒的に似合います。(もともと欧米人が着ていた服なので、基本的に欧米人の体型に合います。)

体型はすぐには変えられませんが、姿勢ぐらいは今すぐに変えられます。

スーツに限らず、背筋を伸ばし、胸を張ってさっそうと闊歩する姿はスーツが栄えます。

姿勢を正すだけで、その人の印象は全然違ってきます。


最後に

以上、価格に関係なくスーツをカッコよく着こなすポイント3点でした。

3つとも、そこまでお金はかからず、ブランド物も必要ありません。

しかし、その効果は絶大です。

サラリーマンであればスーツの着こなし方は仕事の成績にも影響してくるかと思います。また、プライベートでも異性にモテる可能性も高くなるでしょう。

是非とも上記の3つの基礎的なポイントは抑えておきましょう。