BIアナリストの雑記ワークダイアリー

20代後半。平日はサラリーマンとして働きながら、週末にビジネス・アナリストとして副業活動してます。お仕事ネタ系、自己啓発系中心ネタを発信しています。

ビジネスマン/ビジネスウーマンの婚活(東京編):出来るエリートが揃う場所、丸の内朝大学

スポンサーリンク

f:id:zakkiworkdiary:20161117211756p:plain

前回の記事で社内恋愛のススメをご紹介しました。

社内恋愛のススメ:社内恋愛のメリット・デメリット(社内婚夫婦体験者) - BIアナリストの雑記ワークダイアリー


しかし、中には男性や女性ばっかりの職場にそもそも異性がいない!なんて方もたくさんいらっしゃるかと思います。

私も30歳手前でこのような相談や会話は多く出てきます。

「では、どこに行けばいい人に出会えるのか?」

※「いい人」の定義に関しては人それぞれ違うかと思いますが、ここでは、 「お互い自己の将来をしっかり考えていて、自立してて、お互い高め合える人」 に限定します。


男性・女性問わず、そんなお互いを高め合いたい、という方には、私自身の経験と、周りの意見を交えて、

「丸の内朝大学」という朝活の場を強くオススメします。 公式ページ:丸の内朝大学


本エントリーでは、その概要と、理由をご説明します。

丸の内朝大学とは

f:id:zakkiworkdiary:20161117213131p:plain

丸の内朝大学とは、一言で言ってしまえば、平日始業前に主に東京駅周辺の丸の内で、定期的に開催される朝活勉強会の事です。

講義は主に平日の朝7:30〜8:30頃までで、週に1〜2回ほど様々なジャンルに関して業界の著名人が講義を行っております。

1クラス大体セメスター制(3ヶ月)で有料です。1クラス平均で20〜30人ほどの生徒数となります。


講義のジャンルは多岐に渡り、例えば下記のような、一番人気のお金にまつわるあれこれを学べるマネーコミュニケーションから、

f:id:zakkiworkdiary:20161117213745p:plain:w300


トライスロンなどの運動系まで。

f:id:zakkiworkdiary:20161117213827p:plain:w300


その他、温泉研究会や、お弁当クラブ、ヨガ、社会福祉系など、大学という硬苦しいイメージは全くありません。

クラス一覧はこちらから: 丸の内朝大学

私も結婚前、この中のある授業を取っていたました。

体験者ならでは感想なども織り交ぜてご紹介させていただきます。

なぜビジネスパーソンの婚活に適しているか?

事実私が受講中も何名かのカップルが生まれたという話は聞きました。

もちろん目的は自分磨きや、新しい人とのネットワーキングになるかと思うのですが、いい人に会えないという方にはこの丸の内朝大学をオススメしたい理由がたくさんあります。


理由①:そもそも朝活なんて考える自己成長意欲が高い人しか来ない

平日の7時台に丸の内に授業なんて、そう意識高くないとやってられないです。

事実来ていた人は、働きながら起業を考えてる人だったり、仕事を頑張っていた人だったり、さまざまな試験や資格に挑戦する人だったり志高い人が多くいます。

「朝起きるなんて無理。だるい。」「毎日飲み会で寝るのも夜遅い。」なんて人はそもそも参加しないです。

もしご自身はがそうゆう人で、自分のパートナーにも同じ価値観を求めているならここまで最適な出会いの場所はないでしょう。


こんな記事を書いていてあれですが、朝大学に出会い「だけ」を求めて来てる人ほど浮いて見えます。

来ていてイキイキと輝いている人はやはり何かしらの内容に情熱がある人です。


理由②:朝の丸の内という場所柄、業界がある程度絞れる

あまりこういうことは書きたくないですが、気にされる人は多いので。。。

平日の朝7時から8時過ぎまで丸の内にいられる人は、だいたいの働いている企業も丸の内周辺か八重洲周辺に限られます。

丸の内側は大手銀行・商社・外資証券などがあったり、八重洲にはリクルートやメリルがあったり。

赤坂・虎ノ門からもアクセスがいいので、そこら辺から来ている人(授業後そこへ向かう人)も多いです。

不思議なくらいクラスに大体金融か、商社か、外コンのどれかがいます。笑 (というか金融は朝ここにいていいのか?笑)

そのような業界に働いていて同じような激務なパートナー(仕事を理解してくれる)を探している人にはいい出会いの場所なのではないでしょうか?


理由③:講義内容で趣味・思考が合う合わないがわかる

大学というだけで、やはり一緒に学びをする上でグループワークや、グループの宿題があったりします。

赤の他人と一緒に同じことで取り組むことで、その人がそのような価値観を持っているかや、趣味や相性などがわかったりします。仕事の良し悪しも。

一緒にグループで課題をやっていくうちに、仲良くなったり、逆に討論になったりと通常の出会いなんかでは味わえない出会いなのではないでしょうか?


理由④:プライベートでも接点が増える

講義なので教室に座ってるだけかと思われがちですが、意外にフィールドワークや土日のイベントなどを一緒にすることが多いです。

また、泊の研修などあったりして、年頃のシングル男女にとっては格好の出会いの場になっています。

そもそも世帯を持ってる人がそう簡単に泊など行けないので、自然と私のクラスは独身男女のビジネスパーソンだけでした。


理由⑤:意外と高額なので、ふざけた理由で来る人はいない

朝大学の授業普通に3ヶ月3万〜4万円の授業料です。巷の同じような朝活や勉強会に比べれば、高額です。

しかしそれが逆にフィルターとなって、軽い遊び感覚で来る人などは少ないです。

またある程度経済的に余裕がある人でないと来れないので、婚活で年収も検討項目になってる人にとってはある程度想定が出来ます。


理由⑥:その人の事がよく分かる

社内恋愛の記事にも書きましたが、ここでも同様で、少人数クラスなので大体自身の自己紹介は必須です。しかもしっかりとした。

どこで働いていて、何をしているかなど。。。

合コンなどの誰が来るかわからないような出会いよりかわ、こういったところの方がいいのではないでしょうか?


まとめ

まだまだ色々メリットはありますが、男性も女性も自分の未来のパートナーを見つけのには最適な場所かと思います。

期末には卒業パーティーみたいな全クラスメイトでパーティーやビンゴ大会が用意されたり、恋人以外にも、新し人たちとネットワークを広げたいという方には強くオススメします。

通常社内では出会いもしなような人と仲良くなれるので人脈も広がります。


そして講義によっては全然女性が少ない講義もあるようです。ヨガとかは女性ばっかりと聞きますが、私がとった結構真面目系なクラスには数人しかいなかったです。数年前の話ですが、今はどうなんでしょう。

もちろん講義の内容がメインなので、そちらをメインに楽しんでくださいね!!

講義代以上の濃い内容を多く学べます!


早起きするために

今年こそ早起き!と新年に目標を掲げて、3日坊主に終わる人に「記録」という行動が効果的です。

私も同じような毎年3日坊主でしたが、ちょっとした手帳があるとなしでは全然効果がちがいました。

毎日早起きしてやったことが手帳に書き残っていく快感は楽しいです。