なんでも雑記ワークダイアリー

20代後半サラリーマン。パラレルキャリな生活を送りながら、お仕事系・なんでも雑記系のオピニオン記事中心です。

お酒をやめて3ヶ月、よかったことを列挙する。

スポンサーリンク

お酒を辞めて6ヶ月後記録はこちらから;

 

 

今日やったこと

 

  • 読書
  • 分析依頼対応
  • 会議
  • 資料作成
  • ビジネス飲み会

 

 

今日の気付き

お酒をやめてよかったこと

f:id:zakkiworkdiary:20161015004837p:plain

本日仕事関係で飲み会がありましたが、実は3ヶ月ぐらい禁酒をしておりました。

特に問題があったりしたわけではなかったんですが、なんとなくお酒無しで日々を過ごしたらどうだろうとという好奇心でやってみました。

ものすごい厳密な禁酒ではありませんでしたが、今回断酒をしてよかった効果を列挙してみます。

 

お金が貯まる

当たり前ですが、今までお酒に使っていたお金が減るので出費が抑えられます。またお酒を飲んだあとのちょっとした水やスポーツ飲料代も浮くので月だけで1〜2万ぐらいの出費が浮きました。特に飲み会代が減ったのが大きいです。

 

有意義な時間が増えた

個人的にはこれが一番うれしかったです。お酒を飲まないで帰宅すると、読書ができたり、残っていた仕事を片付けられたりと時間を有効に使えました。

また、朝も比較的気持ちよく起きられ、一日が長くなったような気がします。

土日の朝が早くなったのが一番うれしいですね。

 

本当に必要な飲み会に行ける

最初はお酒を飲まないと飲み会などでしらけられるかなと思ったんですが、本当に重要で有意義な飲み会はお酒の力を限らず面白いです。また、相手も全く気にしません。

逆に愚痴ばっかりのためにならないような飲み会はお酒がないとやっていけないので、自然と少なくなっていきました。

このようにお酒をやめただけで、無駄な悪口を言い合うだけの飲み会が減り、大変有意義な中身の濃い食事や飲み会に行けるようになりました。

 

食事が美味しくなった

お酒を飲まなくなって、自然と食事に神経が行くようになりました。食事がまずい居酒屋などは本当に不愉快で、逆にこだわった食事を提供している店だどは本当にその味を担当できます。

一品一品の食事が本当にお酒を飲んでいたときより、美味しくなったような気がします。

 

痩せた

不思議です。結構体調には気を使っていてカロリー計算などもしてるのですが、お酒をやめた途端、3ヶ月で5キロぐらい痩せました。

しかも、筋肉量ある程度残した痩せ方で、体脂肪率が3%も削減できました。

お酒のカロリーと言うよりは、それと伴うおつまみのカロリーや、お酒を飲むことで消化器官の代謝に与える代謝の影響かと思います。

 

 

以上パッと思いつくものでしたが、以外に良かった点が多く、また最初は友達とかいなくなるかな、と思ったんですが想像以上に人は他人に興味がないことがわかりました。

飲み会の最初は「のりわるいな〜」とか言われるのですが、数分後には誰もそんなこと気にしてません。

 

そもそもお酒を飲まないとやっていけない交友関係など全く持って人生に不利益のような気がします。お酒以外共通することがないのか?ということになりますし、そんな交友関係は断つべきかと。

 

 

今日の反省

資料作成に想像以上に時間がかかってしまった。資料などは伝わればいいことなのですが、ちょっとした色使いやフォントにこだわってしまい結構時間がかかってしまいました。特に社内資料なので、なるべく要点をおさえた、簡潔な資料にするべきかと。

とにかく今日の資料作成は予定外の時間がかかり、他の業務ができなかったです。

 

明日へ向けて

今週の土日は、自身の事業の仕事が結構忙しいですが。

妻もお友達と横浜にお出かけということなので、集中して作業に没頭しようかと思います。